光学セミナー開催

光学セミナー(プロリンクス社主催)一覧

■ 光学設計実践塾(Zemax OpticStudio実習付)
2019年5月15日(水)10:00~17:00
2019年5月16日(木)10:00~17:00
2019年5月17日(金)10:00~17:00
2019年6月7日(金)10:00~17:00(4日間コースのみ)
*3日間または4日間のコースです。

====================================
光学セミナー(プロリンクス社主催)詳細内容

■ 基礎から見直す「光学設計実践塾」(Zemax OpticStudio実習付)

<開催日時>
2019年5月15日(水)10:00~17:00
2019年5月16日(木)10:00~17:00
2019年5月17日(金)10:00~17:00
2019年6月7日(金)10:00~17:00(4日間コース)
※3日もしくは4日間のセミナーです。
 4日間コースを推奨いたしますが、4日目は受講必須ではありません。

<受講対象>
以下の両方に該当する方
・Zemax(シーケンシャルモード)を用いてレンズ設計・評価を行ったことがあり、今後レンズの最適化設計を行っていきたい方
・初級~中級レベルの光学設計者

■入門セミナーと初級セミナーの違い
入門、初級の内容は基本的に同じで、テキストも同じものを使用しますが、各レベルごとに説明や進め方が変わります。入門、初級どちらか一方を選んでご受講ください。
※レベルに関してご不明な点がございましたらまずは下記フォームにてご相談くださいませ。 https://www.prolinx.co.jp/inquiry/index.php

セミナーの受講レベルの目安
<受講後到達目標>
「基本的なレンズタイプのレンズ設計を、見通しをもってできる」レベルを目指す。

<概要>
最適化を用いてレンズ設計の収差補正を行うための実践講座です。座学により収差補正に関する基本的な事柄を学んだ後、光学設計ソフトZemax OpticStudioを用いて収差補正を実践し、レンズ設計の勘所を学んでいきます。初めは、単レンズや2枚レンズを題材に、レンズのパラメータ変化により収差がどう変化するかなどの基本を習得した後、最終的には組み合わせレンズでの最適化にチャレンジします。4日目は希望される方だけとなりますが、事前に出された課題によるレンズ設計を行い、その結果を事前に提出します。 講義当日は参加者全員から提出された課題を事例として、さらに実践的に学んでいくとともに、非球面を利用した収差補正と非球面の最適化のためのテクニックや共通成分を持つ複数光学系の同時設計についても学びます。

<内容>
1.光学シミュレーション自動設計の限界
2.レンズの評価
3.3次収差係数
4.単レンズの収差
5.ベンディング
【実習】 レンズ形状と収差変化,絞り位置と収差変化,物体距離と収差,2枚構成レンズ
6.収差補正の考え方
7.各収差の補正法
8.初期データの作成
【実習】 特許データからの初期データ作成
9.最適化
10.評価関数
11.最適化アルゴリズム
12.レンズ設計の最適化
13.最適化の進め方
【実習】最適化体験,ガラスの最適化,最適化データの作成

4日目(4日間コース希望者)の内容
事前に課題が出され、期日までに設計した結果を提出します。講義の日には、参加者全員から提出された設計をもとにレビューと解説を行います。また、非球面を利用した収差補正と非球面の最適化のためのテクニックや共通成分を持つ複数光学系の同時設計についても学びます。
14.課題レンズ設計の解説
15.非球面レンズ
16.非球面レンズの最適化
17.共通成分を持つ複数光学系の同時設計
【実習】 課題仕様によるレンズ設計

<セミナー開催場所>
株式会社プロリンクス セミナー室
〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町17番地 SIA神田スクエア3階 セミナールーム

<費用>
3日間コース:150,000円(税別)
4日間コース:200,000円(税別)

<講師>
チームオプト株式会社 丸山 晃一